【レビュー】IL BISONTE (イル ビゾンテ) レザー2つ折りパスケース

こんにちは:)

今まで使っていたパスケースがだいぶくたびれてきたので、IL BISONTE (イル ビゾンテ) の2つ折りパスケースを新たに購入しました。

IL BISONTE (イル ビゾンテ) 2つ折りパスケース 買いました

購入カラー:ベージュ

購入カラー:ベージュ

雨や曇りが続いている時期の撮影だったので…画像がちょっと暗くてすみません。

カラー展開は、以下のブラック・ブラウン・ベージュの3色でした。

to905-06361-01c to905-06361-02b to905-06361-03b

(画像はマルイウェブチャネルさんよりお借りしました)

この3色の中だったら、薄い色の方が一番革の経年変化を楽しめるかな~ということで、ベージュを購入してみました。

【レビュー】IL BISONTE (イル ビゾンテ) 2つ折りパスケース

今回は、マルイウェブチャネルさんで注文しました。

【レビュー】IL BISONTE (イル ビゾンテ) 2つ折りパスケース

箱オープン!(わくわくの時間です)

【レビュー】IL BISONTE (イル ビゾンテ) 2つ折りパスケース

プチプチに包まれていて、シンプルな梱包です。

【レビュー】IL BISONTE (イル ビゾンテ) 2つ折りパスケース

プチプチをはがすと、このようにビニール袋にまとまっていました。

IL BISONTE (イル ビゾンテ) 2つ折りパスケース 同梱物

【レビュー】IL BISONTE (イル ビゾンテ) 2つ折りパスケース

ビニール袋をむいて、中身を出してみました。

中には
・パスケース
・ミニ巾着袋
・取り扱い書、保証書
などが入っていました。

ミニ巾着袋

ミニ巾着袋

説明書など

取り扱い書など

取り扱い書など

取り扱い書など

お値段

お値段

お値段は7,000円(+税)です。

IL BISONTE (イル ビゾンテ) 2つ折りパスケース ディテール

では、アイテムを見ていきたいと思います。

フロント

フロント

商品が到着して感じた第一印象は、「けっこう薄い(白っぽい)お色だな~」でした。

バック

バック

後ろには装飾やポケットなどは何もなく、すっきりしたデザインです。

フロントの刻印

フロントの刻印

表の右端には、イル・ビゾンテのシンボルマークともいえる水牛の刻印がしてあります。

パスケース自体がシンプルなデザインなので、こちらのマークがちょっとしたワンポイントになっていてすてきだな~と思いました。

牛革表面のシボも、独特の味が感じられて良いですね。

パスケース内側

パスケース内側

ぱかっと開いてみました。

左側にはカードをさし込むポケットが2つ、右側には1つあります。

名刺数枚とか、いざという時のためにお札を入れておいたりしても良いですね。

【レビュー】IL BISONTE (イル ビゾンテ) 2つ折りパスケース

パスケース内側の左隅にも、イル・ビゾンテの刻印があります。

外側でも内側でも、使うたびにチラッと楽しめて良いな~と思いました。

【レビュー】IL BISONTE (イル ビゾンテ) 2つ折りパスケース

右側のポケットの方は、真ん中の穴部分からスライドさせて、上からカードを出し入れする作りになっています。

私は、Suicaをこちらに収納することにしました。

IL BISONTE (イル ビゾンテ) 2つ折りパスケース 使用した感想

【レビュー】IL BISONTE (イル ビゾンテ) 2つ折りパスケース

実際に使ってみて、良かったな~と感じたことは以下の4つです。

  • シンプルなデザインで邪魔をしない
  • 使いやすい
  • 便利なポケット付
  • 革の手触りが良い

ポケット付ですがシンプル・スリムな作りのため、バッグへの出し入れがスッと出来て使いやすいな~と思いました。

今までは合皮のパスケースを使用していましたが、それと比べると本革のやわらかい感触がしっとりと手になじんで気持ちが良いです。

手に持つと大人っぽい印象になりますが、イルビゾンテの刻印マークのおかげか、どことなく遊び心が感じられてうきうきします。

これからよろしくね:)

12色から選べるタイプも!

IL BISONTE (イル ビゾンテ) 2つ折りパスケース 色の変化

【レビュー】IL BISONTE (イル ビゾンテ) 2つ折りパスケース

せっかくなので小物を揃えてみよう、と思いキーホルダー(→レビュー記事はこちら)も購入しました。

使用する前に日焼けをさせると良いそうなので、しばらく窓辺で日光浴をしてもらってから使うことにしました。

(こちらの写真は、日焼け観察開始前のものです)

どのように色が変わっていったのかは、また後日の記事で書きたいと思います。